熱のことなら-【熱闘ブログ】

2016/09/26

ダウンジャケットの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店の井上です。

9月も後半になり、東京でも涼しい日が増えてきました。

あっという間に寒い季節がやってきそうです。

そろそろ寒い冬をしのぐ対策を考えたいですね!

ダウンジャケットの選び方


私が冬の寒さをしのぐために絶対的信頼を置いているのが、「ダウンジャケット」です!
ダウンは空気を中に溜め、温めた熱を保持してくれます!

しかし、ダウンジャケットは多くのメーカーさんが販売していて、どれが暖かいのかわからないですよね…。指標は価格?ブランド?分厚さ?

ちゃんとした選び方があります!

ダウンの選び方その1:「ダウンとフェザーの割合」


まず重要になるのがダウンがどれだけ入っているか。





画像はネットからお借りしました。

品質表示タグに書いてます!
一般的にダウンの比率が70%から90%のものが暖かいとされています。
ちなみに、ダウンは綿のようなもので、フェザーは羽っぽいやつです。
ダウンは軽くて暖かく、フェザーは重いです(多分)。



またまた画像はネットからお借りしました。

ダウンの選び方その2:「ダウンの性能を表すフィルパワー」


ダウンの性能を示す指標として「フィルパワー」という数値があります。
厳密には、一定量のダウンがどれくらい膨らんでいるかの数値です。

すなわち!ダウンの面積が大きいほど暖かいのです!

こちらは一般的に550フィルパワー程度以上から高品質なダウンとされています。

品質表示には書いていないと思いますので、こちらはメーカーさんのHPなどで調べる必要がありますね。

しかし、フィルパワーが高ければいいっていうものでもありません!
例えば900フィルパワーのダウン、日本では暑すぎます。
私のおすすめとしては、650フィルパワー程度がちょうど良いと感じます!

暖かさ、軽さ、デザインなど、すべて気に入ったダウンジャケットを見つけ出し、冬を乗り切りましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/23

BBQのデザート

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!推進部の神田です。

いよいよ夏も終わりですね。

今年も、例年通り海やプールにはいかず、BBQや花火など、まったりと過ごしました。

先週のお休みが、まさに私にとって今年最後のBBQと花火大会でした。

やっぱりいいですね、みんなでワイワイお肉を食べて、野菜を食べて、笑って、食べて、食べて・・・

今回もほとんどお友達に焼くのを任せてしまいましたが・・・(汗)

いつも、デザートはマシュマロを串に刺して焼いてたべるのが毎年恒例なんですが、
今回は新しいメニューとして、バナナにマシュマロを挟んで焼いてみました。

バナナを焼くなんて!って思いましたが、何事も経験。



この写真は焼く前。なぜかエリンギが刺さってますがご愛嬌ということで。

海外に住む友人に教えてもらったレシピです。

本当はこれにチョコをかけるとなお良いらしく、海外ではBBQでの子供のおやつの定番になってるんだとか(*´Д`)


出来上がりの写真を撮るのを忘れました・・笑
というか、見た目がアレで撮る気になれませんでした。笑

けど、見た目に反して味はGood!!
焼かれたバナナに溶けたマシュマロがとろーり。

バナナはよく、ダイエットに効くといわれていますが、
調べてみると、焼いたバナナは、生のバナナよりも効果が倍増なんだとか!
効果は色々とあるみたいですよ~。

でも、マシュマロを乗っけている時点でNGですね笑

でも、美味しいのは確実なので、ぜひお試しください♪





このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/16

珪藻土バスマット

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!名古屋営業所 大山です。

7月に日本一住みやすい町No.1の『長久手市』というところに引っ越しました。

最近は部屋のレイアウトにこってみたり、家具もオシャレなものを入れてみたりして楽しんでいます。
部屋がオシャレだとウキウキして気分も軽くなるので、仕事にもいい影響がでそうです。

今回は家具を探している時に見つけて、面白い商品があったのでご紹介します。

『珪藻土(けいそうど)バスマット』ってご存知でしょうか。

厚さ10mmくらいの硬い石みたいなものなのですが、水を吸い取ってくれるのです!!

感覚的には、お風呂から上がって濡れている状態でも、乗った瞬間に乾きはじめる不思議な感じです。

一体、珪藻土って何なんだ!


文字通り『藻(も)』の一種みたいです。

藻が化石となって堆積したものが珪藻土です。
藻が水分を吸ってくれているだけなので、使い続ければ吸収率が落ちてきます。

そんな時は、10分くらい天日干しで効力が戻るみたいです!!

何万年か前の藻が今こうして僕の足の水分を吸収してくれているなんて、感慨深いですね。




このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/14

大阪の夏の気温

このエントリーをはてなブックマークに追加
HOLA!東京支店の江國です。

8月も終わり、少しずつ日が落ちる時間が早くなることに対し、少しセンチメンタルな気分になっている今日この頃です。

さて、皆さん今年の夏休みはどこかに出かけられましたでしょうか。

私は例年と同じく、実家がある大阪へ帰阪しておりました。


ただ、例年は昼間はダラダラ過ごし、夕方過ぎに難波へ呑みに出かける生活をしていましたが、今年は珍しくUSJ等に昼間から出かけることが多いお休みでした。

そして、昼間から家の外にいたことで改めて思い知りました。


「大阪の夏は暑すぎる」



普段生活している東京もヒートアイランド現象で十分暑いですが、大阪の厚さはさらに境地を超えているような気がします。


照りつける太陽、吹けば熱風、大量の汗を誘う湿度。

見事な三拍子が毎日揃っておりました。


なぜ、大阪はこれほどまでに暑いのか。

まずは土地柄の問題として、大阪は北、南、東を山で囲まれており,地上に籠った熱が逃げにくく、唯一開いている西側は、大阪湾に面していますが、大阪平野に広がる都市規模の大きさに比べて、海の影響が少ない為と考えられているようです。

さらに東京と同じく大都市特有の都市熱によって暑さに拍車が掛かっています。

実際に大阪における猛暑日の数は、ここ10年で飛躍的に増えており、80年代はトータル60日(東京は9日)だったのに対し、2000年代はなんと153日(東京は36日)にもなっているようです。


瞬間的な最高温度では大阪よりも高い地域はありますが、非常に暑い日が継続する点でみると、大阪以上の灼熱地獄地帯はないのでしょうか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/09/12

窓の断熱

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪営業所の今西です。

商業柄もあってホームセンターによく行くのですが、最近よく目に留まる商品があります。
こういうやつです。



DNS-30 断熱シート 1巻 アイリスオーヤマ 【通販モノタロウ】 47322301

見た目は(というか中身も)梱包に使うプチプチなんですが、これを窓に張って断熱しちゃおうという製品ですね。

このプチプチ断熱シートの効果の程は?

夏場は外からの暑熱をさえぎり、冬場は暖房で温めた室温を外に逃がさない。

プチプチなんかで効果有るの? と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、実は私これ使ったことあるんです。

当時はワンルームマンションで壁が一面ベランダに出るガラス戸になっていて、夏はまだ良いんですが冬が寒い寒い・・・。
冷え切った部屋に帰ったときのむなしさよ。
暖房の効きもよくないし。

そこで、駄目元でコレを貼ってみた所、かなり効果ありました。
帰宅した瞬間に「あれ・・・春来た・・・?」と感じたくらい 笑
体感で1~2℃は違ったと思います。

空気は密度が低いため実はすごく熱を通しづらいです。
対流が発生すると熱が逃げやすいのですが、プチプチの様にひとつの空間に停滞していると、熱伝導率としてはどんな断熱材よりも低いです。
実際、効果の高い断熱材になればなるほど、スポンジの様に孔が多くなっていきます。
材料そのものよりも、孔を多くすることで断熱効果を得ているのです。
(ただその分脆くなったり粉じんが出たりで設計時にはいつも悩みの種に・・・)



そろそろ秋の気配がしてきましたが、冬に向けて考えてみてはいかがでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加