熱のことなら-【熱闘ブログ】

2017/11/17

温度制御の事例(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
前回は設定温度よりも大幅に上がってしまい、どうするか・・・というところまででした。

ではオートチューニングをONにして、もう一度やってみます。

温調器SDC15の場合ですが、オートチューニングをONにするとPV表示の小数点が点滅します。点滅が終わるとチューニング終了。最適なPID設定値を温調計が割り出し、制御を始めます。


点滅を見守り、後は待つだけ・・・と思いきや・・・

・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

終わらない・・・・・・・・・・

結局15分以上待ってもチューニングが終わらず、温度も上がらなかったので、一度中断しました。

でもまだ諦めません。

今度はオートチューニングをいったんオフにして・・・


通常のPID制御に戻してもう一度温度を上げてみます。


一回目と同じようにすごいスピードで昇温し、設定温度に到達したところで!
改めてオートチューニングを設定してみました。

今度はすぐにチューニングが終り、無事設定温度で安定させることができました。

温調計の設定ひとつで性能が大きく変わるという話でした。

熱は本当に奥が深いですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/15

温度制御の事例(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒーターの試験をすると、設定温度よりも大幅に上がってしまうことがちょこちょこあります。

この間も50℃で制御したつもりが84~100℃以上になってしまいました。




 

 
温度調節器といっても万能ではないので、常に設定温度ぴったりで制御できるわけではありません。この場合はヒーターの昇温スピードが早過ぎて制御が追いついていない状態です。

PID制御になっていないのかな? と一応確認しましたが、設定は正常。


じゃあどうしようか・・・ということで、「オートチューニング」を試してみることにしました。
弊社の温度調節器「HEATCON」では初期設定はOFFになっています。



これをONにするとどうなるか・・・

結果は次回!
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/13

有鱗淡水魚「ピラルク」のサイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。林田です。

今年も残すところ1ヵ月半になりましたね。
寒さも厳しくなってきましたので、
皆さん体調には気を付けてください。

かく言う私も先日体調を崩してしまい、
2日間熱が下がりませんでした・・・。

さて、本日は、巨大生物について書きたいと思います。

先日テレビで怪魚を釣るというドキュメンタリー番組が
放送されており思わず見入ってしまいました。

南米に行き、古代魚を釣るという内容でしたが、
そのあまりに大きさに驚きました。

魚釣りをやっている方であればご存知かもしれませんが、
世界最大級の有鱗淡水魚で「ピラルク」という巨大魚がおり、
成魚の体調は23mほど、最大のものは5.2mあるものもいたとか。

水族館にもいるようなので見たことがある方もいるかもしれませんね。

 

このピラルク、1憶年間ほとんど姿が変わっていないと考えられ、
「生きた化石」とも言われているそうです。

1憶年前というと白亜紀の中頃ですが、
まだ恐竜が存在したと言われる頃から
その姿を変えず、絶滅もせず、
現代に存在するということはとても驚きです!

霊長類が現れたのも1憶年前と言われていますので、
ヒトの進化にも驚きますが。

私自身もまだまだ進化中ということで勉強していきます!


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/10

ベゴニアの育て方

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。大阪営業所の達です。

寒い日が続きますね。
体調を崩されないよう、暖かくしてお過ごしください。

先日、大阪営業所があるIMPビルで開催している
「花苗プレゼント」にてお花の苗を頂きました。

このお花は、期間限定でビルの入り口などに植えられているお花を
展示期間が終わったらビルで働いている方々にプレゼント
してくれるという企画です。


頂いたお花:ベゴニア


どこかで1度は見たことがあると思います。
色は赤・白・ピンク…と色々ありましたが、
せっかくなので河合のコーポレートカラーであるオレンジにしました。

ベゴニアの葉っぱは左右対称ではなく、
何枚重ねても同じにならないことから、
ベゴニアの花言葉は「片思い」だそうです。
考えた方の感性が素敵ですね…(*´∀`*)
オレンジ色には「親切」「幸福な日々」という意味があるようです。

実は前回、夏ごろに同じイベントでお花を頂いたのですが、
植え替えなければならないことを知らず…
残念な結果となってしまったので今回こそは…!
とはりきっております。帰宅後、早速育て方を調べました。

まずは、プランターへの植え付けからスタートです。
私が頂いたベゴニアのタイプはどんどんと新しい根を出すため、
周囲の根を3分の1ほど切り落とし、
土を半分くらいにおとしてから植えていきます。

根っこが成長するため、鉢は1周り大きいものをチョイス。
お水は乾いた時にたっぷりあげる…。
日向は日焼けをしてしまうので、
日が差し込むような場所の陰になっているところがベストとのこと。

環境によって成長度合い等も異なるようですので、
これからが楽しみです。
たくさん花が咲いたことをブログでご報告出来るよう、
大事に育てていきたいと思います♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/08

季節と感情

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店の井上です。

寒いですね。寒すぎます。
この秋から冬への変わり目、なぜか毎年切ないような、寂しいような、それでいてわくわくするような複雑な感情が湧いてきます。

このような感情は自分だけでなく
みんな沸き起こっていることなのか?と思い、調べてみました!

【季節と感情の関係】


実際に、季節と感情は密接に関係しているみたいです!

というのも、季節の変化に伴い、心と身体も変化するとのこと。

例えば、春と関係している感情は「怒り」。

春は植物が活発に動き出し、生活としても、
卒業、入学、就職と変化が激しいです。

そんな不安定な季節である春は怒りという感情が起こりやすいみたいです。

「怒り」という感情が起こりやすいと自分でしっかり理解して対処していきたいですね!


そして僕が気になっている「秋冬」。

秋冬と関係している感情は「憂・悲」

これです!「憂」という言葉がしっくりくるかもしれません。

冬は日照時間が減少し、日差しも弱くなります。

その結果、精神を安定させる神経伝達物質「セロトニン」が減少し、虚しさ、イライラを感じたり、気持ちが不安定になるみたいです。

実際に医学的にも証明されているんですね。


先日、社内の研修で「感情を味わう」ということを学びました。

季節の変わり目の複雑な感情をネガティブに捉えるのではなく、まずは認めて、しっかりと味わうことで日本特有の四季を感じたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/06

魔法瓶の威力

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、推進部の神田です。

今年(3月)の誕生日、友人からサーモスの水筒をもらいました。

おそらく、水分をなかなか取らない私を心配してチョイスしてくれたのでしょう。
ありがたいことです。

その製品は、超軽量(170g)で、フタも半回転でオープンし(開け閉めしやすい)、
保温も保冷も抜群という、なんとも万能なケータイマグなのですが、

さらっと上に書いた、保温も保冷も抜群というところは
特にこの寒い時期に保温されているのって、すごくありがたいですよね。

しかし、そのおかげで(?)さらっと見過ごせない程、
今、口の中がエライことになっているのです(汗)

昔の水筒の感覚が残っているのか、この保温機能を忘れて、
ぐびっと飲んだ瞬間、ワチャーーーッッ!!!

うん、あるあるですよね。

家でアツアツのお茶を入れて、2時間後、会社で飲んでも
おそらく90℃以上は保っています。

そもそもそんな温度で入れとくなっていう話ですが、温かいのを飲みたいじゃないですか。でも想像以上に温かいままで、温度の下がり幅がほとんどない。

アチーーーーーっって思いながらも、スゴイなこれ!って毎回思うわけですよ。
なんで冷めないの?!って。

HPを見てみると、商品名に「真空断熱」って書いてあるんですよね。
この魔法瓶は、内瓶と外瓶の間を真空状態にして、外からの外気をよせつけず、なおかつ内瓶は鏡のように反射して、熱が逃げてもまた戻ってしまうという構造のようです。

これはまさに企業の努力・アイディアの賜物ですね。サーモスさんすごい。

河合電器でも、ヒーターの周りに断熱材スポンジを取り付けて、ヒーターの熱が外に漏れにくいようにしたりしていますが、そのスポンジに鏡のような反射板をつけたらどうかなーなんて、このブログを書きながら思った次第です。

これを読んだ河合電器のみなさん、どうでしょうこのアイディ。だめかな(笑)

何はともあれ、この寒い冬も、この魔法瓶のおかげで体内から暖かく過ごせそうです。













このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/11/01

ワイヤーレススマートフォン充電器

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店の大山です。

今回は、最近話題の『ワイヤレススマートフォン充電器』についてお話しします。

ワイヤレスでどうやって充電されているのか、その仕組みを取り上げた記事を
見つけたのでご紹介します。



ワイヤレスでの充電は主に「電磁誘導」と「磁界共振」の2種類のタイプが有るようです。
記事はこちらから。

私達が、中学生の時に習った電磁誘導の仕組みが使われていたんですね~。
コイルと磁石で生み出される電気で振動させると音も作れます。

たかだか安い銅線のコイルと磁石があれば電気をつくれる、単純な仕組みですが応用すれば色んなところで使えるんですね!

発明とは身近なものから作られる、これなら僕にもできるかも?

ちなみに、よく見かけるポケット付きのスマホカバーに、クレジットカードとかは
磁気が悪さをするみたいなので入れないほうがいいですよ!
僕の知り合いがそれで何度かカードをだめにしてしまったようです。。





このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/30

発電する微生物

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪営業所の今西です。

突然思い出したんですが、NHKで「生きもの地球紀行」って番組ありましたよね。
サバンナの動物とかをひたすら追いかけるやつ。面白くて、毎週見てました。
あの手の番組減りましたよね。昔はどこの局でも週一本くらいやってた気がするんですが。
海外の作品を買って流している番組が増えた気がします(ナショナルジオグラフィックとか)。
やっぱり予算の関係でしょうか・・・。

生きものって面白くて、たまに想像もしなかったような能力を持っていたりします。
微生物なんかも面白いですよね~

こういうの見るとわくわくします。

太陽光+微生物で発電する自立型燃料電池、13日連続で発電に成功
https://fabcross.jp/news/2017/20170421_power_cell.html

電気分解とかそういうアレなんでしょうか(もやもや・・・)
よく分らないまま言うのも難ですが、人間が考えつく技術の多くは生きものが自然にやっていることなのかも知れないですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/27

塩サウナの正しい入り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!東京支店 堀内です。
いよいよ秋も深まって、少し肌寒い季節になってきましたね。

この季節、露天風呂に入るのが最高なんですよね…!
暖かい湯と顔をなでる和やかな風……考えるだけで最高です。(最高です)
これからの季節、紅葉を見ながら…なんて、更に最高ですよね(´▽`)

たまに自分へのご褒美でお風呂屋さんに行くんですが、
露天風呂は間違いなく入りますが、サウナが隣接しているとまた
テンションが上がります。サウナ…好きなんです!



その中でも、前に行ったお風呂屋さんは塩サウナがありまして、
中にいたマダム達が皆揃ってここぞとばかりに入った瞬間即塩を
たっぷり手に持って、身体中にごしごしと擦りつけていたんですね。
その後も追加して擦るこする…!

その迫力におおお…と思いつつ、見よう見まねでやったら、塩の粒が
かなりゴリゴリしていて正直痛たたたた!!!という感じで…。。
サウナ自体は気持ち良いのですが、塩の使い方当たってるのかな…と思い
調べてみました。

まず、通常のサウナは80~100度の高温設定ですが、塩サウナは40~50度
の設定だそうです。その分、汗をかくまで時間がかかるので、先に湯船に
浸かって身体を温めておくと良いそうです。また、入る前に水分補給も
しっかりと!

さあ、ここからいよいよ塩登場です!

①身体にまんべんなく塩を乗せる。(この時、こすったりもんだりはNG)
②サウナに室にこしかけ、汗が出るのを待つ。
③出てきた汗で塩が溶けてきたら、リンパ腺をマッサージすると良し。
④塩が溶けて肌表面がつるつるになったら、シャワーで塩と汗を流す。

http://www.nagomino-yu.com/html/column_10.html

…これが正しい入り方だそうです。すぐ塩を乗せてから擦ると、肌荒れや
かぶれの原因になるとのこと。
…マダム達……皆間違っているぞ…。。
また途中で、塩を追加するのもあまり意味がないそうです。
…マダム達…間違っt(ry

塩サウナは美肌効果や胃腸の働きを促進する効果もあるそうなので、
今度は正しい入り方で塩サウナを満喫したいと思います!!

あのマダム達にこのブログが目に留まってくれると良いなぁ…(´▽`)


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/10/25

御朱印集め

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、名古屋営業所の東方です。

そろそろ紅葉の季節といいたい所ですが
今年は急に寒くなりましたね。

最近巷では、神社などのパワースポットをめぐり、
そこで御朱印をもらう御朱印集めなるものが熱いようですが、
皆さんもご存じでしょうか?


御朱印とは、現在では寺院や神社に参拝した証や記念に
頂くことができる御宝印や社名を朱で押した印と
御本尊名や社名などが墨書きされたものだそうです。

元来は、寺院で写経をして、それを奉納した証として
頂けるものだったようです。

御朱印は御朱印帳などの専用の帳面に頂くのですが
集める意味としては、各社寺の神仏とご縁を結ばれた証であり、
修行の証でもあるそうです。

集めることにより、お守りと同等の効果があるといわれているそうです。

御朱印の意味や背景などをかんじながら、
今年は趣を変えて寺院をめぐってみるのもいいかもしれませんね。


このエントリーをはてなブックマークに追加