熱のことなら-【熱闘ブログ】

2017/04/24

温度が高いほど温度分布は悪くなる?(後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
前回は「温度が高いほど放熱量が大きいので、温度分布(むら)は悪くなる」という話をしました。

温度が高いほど温度分布は悪くなる?(前編)
http://kawaidenki.blogspot.jp/2017/04/blog-post_21.html

それでは試験の結果をみていきましょう。

果たして結果は・・・?


<300℃時>
面内温度差:±25.4℃

<500℃時>
面内温度差:±22.9℃

※ヒーター仕様、電力は同じ


放熱の大きさだけで考えると意外な結果ですが、
温度が上がるとヒーターからの供給熱量、蓄熱ともに大きくなるので冷めにくくなり、
今回のプレートに関しては温度が高いほうが分布が良いという結果となりました。

ちなみに上記よりも一回り小さいプレート(※厚みは同じ)で同様の試験を行ったところ下記の結果となりました。

<300℃時>
面内温度差:±18.5℃
<500℃時>
面内温度差:±26.4℃


こちらは温度が上がると温度差は広がりました。
サイズが小さくなったことで蓄熱量が減り、放熱の影響が大きくなった様です。
4隅あたりの色を見比べると放熱の影響度合いが分かりますね。


温度分布は様々な要素の影響を受け、各要素がどれくらい影響するかも仕様によって変わります。あらかじめ影響が大きそうなポイントを予測して対策を取っておくことが大切です。

その辺りもアドバイスさせていただきますので、設計に迷われた際はぜひご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/04/21

温度が高いほど温度分布は悪くなる?(前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
お客様から日々様々なご要望を頂く中で、「ただ温度が上がればいい」という案件はほとんどありません。
"熱"とひとくちに言っても実に色々な問題や課題があります。

その中でも最も多いご要望が温度分布ではないでしょうか。

「ホットプレートの面内温度を±○○℃以内にしたい」等・・・

温度分布の計算はひじょうに複雑で、手計算では正確には出せないため、経験知が試されます。

プレートと熱源の構造、面内の電力配分、材料の熱伝導、温度センサーの位置、使用環境・・・
様々な要素が絡みます。

今回は温度分布について社内試験の一部をご紹介したいと思います。


温度が上がるほど温度分布は悪くなるのか?

温度が上がると放熱量が増えるため、端面の温度が下がりやすくなり、温度分布は悪くなりやすいと言えます。

どんな場合でもそうなのでしょうか?
試験結果からみていきたいと思います。

 【プレート仕様】
 材料:ステンレス
 温度:300~500℃

 カートリッジヒーターを挿入して加熱。300℃、400℃、500℃にて制御。
 制御温度ごとにサーモグラフィーで表面の温度分布を測定しました。


300℃時よりも500℃時の方が放熱量が大きく、温度分布は悪くなると考えられますが、果たして・・・?

結果は次回ご紹介します。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/04/19

そろそろ夏の準備?

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは!
名古屋営業所の東方です。

晴れたり雨だったりと天気に悩まされながらも
入学式や入園式も無事に終えられ、桜の季節も終わりに
なってきましたね。

桜のような季節を感じられるものとして、
手紙などを書く機会が減り、使う頻度は少なくなってきたのですが、
日本には季語があります。

明日20日は二十四節気でいう春の終わりと言われる
穀雨の日になりますが、季語になる穀雨ご存知でしょうか?

穀雨とは穀物を育てるの雨といわれていて
穀雨以降は降雨量が多くなり、田畑が潤って種まきの好機を迎える為
この日から田植えの準備をする目安になるそうです。
 


この時期は、穀雨が終わると、八十八夜を迎え、立夏へ向かっていきます。
春と夏の中間になる八十八夜は、夏への準備を始める目安の日と
なり、立春から八十八日目の日を言います。


また、この時期は新茶の摘み取りが行われる目安にもなっており
特に八十八夜に摘まれた新茶は縁起物として栄養価やうまみ成分が高く、
飲めば長生きできると言い伝えもあり人気があるそうです。

また、新茶にはおいしい飲み方があり、お湯が沸騰ではなく、
少し低い温度の7080℃で飲む方がうまみ味が多くなるそうです。


季語には、季節に合わせた意味が込められており
昔の人の行動や旬のものをから情緒を感じることができます。

季語を使いこなした文章を書けるようになると素敵ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/04/17

缶コーヒーは熱い!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、金丸です。

ようやくコート無しの季節になりましたね。
寒がりの私としてはホントにホッとしています。

ホットと言えば私の場合コーヒーを指しますが、仕事中は缶コーヒーも
良く利用します。
この缶コーヒーを手に取った時に、熱すぎる!という経験有りませんか?
持ち帰った後の温度まで考慮して高く設定して有るのでしょうが、
すぐ飲む派の私にとって持てないくらい熱いのはいつも閉口です。



ですが最近、同じ棚で加温中の缶でも熱く感じない缶が有ります。
よく見ると、缶表面が「印刷」と「ラベル」の2種類あるんですね。
ラベル式は持った時の体感温度がだいぶ低く感じます。

カットしてよく見るとメッシュ状の素材が断熱効果を上げていることが
解ります。



断熱ラベルという事はおそらく保温にも効果が期待でき
一石二鳥なのだと思います。
地道な工夫に感謝ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2017/04/14

トロピカルな花粉

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、花粉症に悩まされている坂野です。
毎年2月ごろから本格的に花粉症に侵されGWまで引きずるんですよね…


3月末、たまりかね日本を脱出し常夏の島ハワイへ!

そんな旅立ちの機内で機長から、

ハワイでもトロピカルなマンゴー花粉にご注意と、戯言が。
杉花粉と同じ症状を発症するらしいです、薬はコンビニで購入できます。
シーズンは3月から5月になります。って。

おいおい…

あるじゃないですかぁ立派な花粉症がー


ハワイ滞在中はオアフ島を西へ東へとカメラ片手に水陸を楽しませていただきました。
おかげ様でマンゴー付近に立ち寄ることなく特別な症状もなく。

良かった良かった。


話しは変わるのですが今回撮った写真で思ったのですがー


写真に写っている灼熱の太陽。でっかくないですか?
 



太陽の大きさって地平線だろうが、どんなに西に行こうがサイズに違いは無いと
聞いているのですが、日本より大きく見えません?

赤道付近だから?熱量を多く受けるため明々と見えるの?


調べましたが、どの地域でもサイズに違いはないようです。

とめどない話になりましたが、特別な理由を知っていられる方ご教授ください。


そうそう、杉花粉症は成田到着後1時間で全快しました。



このエントリーをはてなブックマークに追加